黒川大介 展

板室温泉 大黒屋

poster for 黒川大介 展

8日後終了

板室温泉大黒屋では2019年3月1日から3月30日まで、黒川大介展を開催いたします。 黒川大介は、福岡県生まれ、東京ガラス工芸研究所にてガラス制作を学び、文化財修復 などで有名な猿江ガラスに勤務後独立。昨年、栃木県市貝町に転居し工房を設立されました。吹き硝子の技法で作られる作品は、「宙のうつわ」「銀河」「熔変銀河」「星雲」「黒曜」「月のうつわ」「望 金彩」など多様なシリーズで構成され、それぞれに違った表現が特徴的です。銀の粒を細かく散りばめることによって、まるで宇宙空間のような景色を生み出す代表 作である「銀河」のシリーズは、光の当たり方によって表情が変化し、ぐい呑はお酒を注 ぐと一層深みが増し、揺らめく美しい景色が楽しめます。また、近年新たな展開として制作しているシリーズ「星虹」は、様々な色のガラス原料を混ぜ合わせて作る器で、まるで隕石のような独特の質感を生み出しています。本展示では、代表作である「銀河」のシリーズをメインに、人気の酒器、ぐい呑、片口、徳利、 ロックグラスや鉢、一輪挿しなど個展でしか観られない作品およそ250点を展示致します。

メディア

スケジュール

2019年03月01日 ~ 2019年03月30日
開館時間 9:30〜17:00、 5日・6日・7日、19日、20日、21日は休館

アーティスト

黒川大介

ホームページ

http://www.itamuro-daikokuya.com/art/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
イベントにより異なる

アクセス

〒325-0111 栃木県那須塩原市板室856
電話: 0287-69-0226 ファックス: 0287-69-0497

JR宇都宮線黒磯駅より東野交通バス板室線35分「板室温泉」下車、JR東北新幹線那須塩原駅より東野交通バス板室線50分「板室温泉」下車

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援