poster for 「夢の実現」展

このイベントは終了しました。

東京造形大学(所在地:東京都八王子市、学長:山際康之)は、レオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年目を記念し、2020年1月5日(日)より、展覧会「夢の実現」展を代官山ヒルサイドフォーラムにおいて開催いたします。本展は、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、彫刻、建築、工学系発明品等の未完作品約30点を、最新の研究や技術を駆使し現代に復元し展示する、世界初の試みです。展覧会会期中には、ヤマザキマリ氏(東京造形大学客員教授)のトークイベントのほか、茂木健一郎氏が参加するシンポジウム、アントネッロによる音楽イベントなど、レオナルドが生きた時代やルネサンス美術など、ダ・ヴィンチに関連した多数のイベントを開催します。「Zokei Da Vinci Project」は、「ダ・ヴィンチの絵画全16点を本来の姿で見てみたい」「当時の技術では実現できなかった発明品を500年後の今の技術で実現したい」という願いでスタートしました。同プロジェクトは、ダ・ヴィンチ研究の第一人者であり、本展の監修を務める池上英洋(東京造形大学教授)を含めた7名の指導教員のもとに、本学の学生、大学院生、卒業生約100名が集結し、本学が創立50余年の中で培ってきた「知と技能の蓄積」と、「固定観念にとらわれない、柔軟な発想力を育てる」という方針のもと、全学をあげて復元作業に挑戦してきました。本展は、その集大成として、復元した作品群を一堂に展示するものであり、ダ・ヴィンチがかつて描いた夢を、教員と学生によって現代に再現する試みであり、まさしく「夢の実現」となります。
[関連イベント]
1. 「ヤマザキマリさんと語る ルネサンス偏愛」
日時: 1月17日(金) 18:30〜19:30
会場: 代官山ヒルサイドプラザホール
出演: ヤマザキマリ
2. 「レオナルドのさまざまな顔 ― その多面性をひもとく」
日時: 1月17日(金) 13:00-16:00
会場: 代官山ヒルサイドプラザホール
出演: 茂木健一郎、布施英利、宮下規久朗、原基晶、藤井匡、池上英洋
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2020年01月05日 ~ 2020年01月26日
開館時間 11:00〜20:30

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援