「幾兆億年の果てより今日も夜はまた訪れてくるのだ - 永遠の無限」展

草間彌生美術館

poster for 「幾兆億年の果てより今日も夜はまた訪れてくるのだ - 永遠の無限」展
[画像: Infinity Nets (2) <部分>1958 ©YAYOI KUSAMA]

このイベントは終了しました。

1959年に発表した、始まりも終わりもなく、ただ網目が反復する絵画シリーズ「無限の網」は、抽象表現主義が隆盛するニューヨーク・アート界でその独自性が高く評価され、草間は前衛芸術家としてのキャリアを彼の地で華々しくスタートさせます。
本展では、「無限の網」シリーズの初期作品および当時の制作の様子がわかる写真・資料と最新の絵画シリーズ「わが永遠の魂」を中心に展覧。無限の反復により、時空を超越し永遠に生きる創作を試みる作家の多様な創作の軌跡をご紹介します。
永遠の希求から制作された、初公開となる梯子のインスタレーションや、コズミックな色彩に彩られ、無限で未知なる宇宙を想起させる日本初公開のステンレス製かぼちゃ立体作品もあわせて展示し、謎に満ちた永遠で無限の広がりを持つ作品世界へと誘います。
[関連イベント]
ギャラリートーク
日時: 4月6日(土) 14:15~、4月27日(土) 14:15~、5月4日(土) 14:15~、5月18日(土) 14:15~、6月1日(土) 14:15~、6月15日(日) 14:15~
定員: 30名
※参加費無料、要観覧料。予約不要

メディア

スケジュール

2019年04月04日 ~ 2019年08月31日

アーティスト

草間彌生

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援