高嶋英男 「からっぽに満たされる」

府中市美術館

poster for 高嶋英男 「からっぽに満たされる」
[画像: 高嶋英男「空壺の人」2017年 個人蔵]

このイベントは終了しました。

陶や樹脂などで造形し、現実から遊離した空気をまとう人物表現に取り組む高嶋英男。日本画、工芸、彫刻を専門的に学び、身につけた技術を混交させて用います。例えば高嶋は、粘土を足元から袋状に積み上げて人体を形作りますが、これは彫刻よりも陶器の作り方に近いですし、青色の絵付けや金泥で飾られた表面は陶の質感を持っています。ほかにも特殊メイク顔負けの型取りや、鰹節を削ったオブジェなど、技法や素材は実に多彩です。ジャンルにとらわれない選択は、裏返って作ることへの執念を感じさせます。ただし、顔が空洞の壺に変化してしまうように、執念が勢い余って反転してしまうところに、高嶋の個性があります。均されて整えられてしまう前の力強い衝動が、私たちをひきつけてやみません。今回は、粘土を積み上げて等身大の人体像を公開制作します。細やかな作業の経過とともに、人であり人を超えた存在が生まれてくる時間に立ち会ってみませんか。
[関連イベント]
ワークショップ「やきものでうつわの人をつくろう」
日時: 1月12日(日曜日)13:00〜16:00
講師: 高嶋英男
対象: 小学生以上
定員: 15名
材料費: 800円
*事前申し込み制
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年12月14日 ~ 2020年03月01日

アーティスト

高嶋英男

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援