手塚愛子 「Dear Oblivion - 親愛なる忘却へ − 」

スパイラル

poster for 手塚愛子 「Dear Oblivion  - 親愛なる忘却へ − 」
[画像: 手塚愛子《必要性と振る舞い(薩摩ボタンへの考察)》制作過程]

このイベントは終了しました。

手塚愛子は、絵画を探求するなかで織物に着目し、織物の解体と再構築という独自の手法を用いた作品が国内外で高い評価を受け、近年はベルリンを拠点に活動しています。スパイラルガーデンでは、2007年に「薄い膜、地下の森」と題した個展を開催、この度、12年ぶりの同会場での個展となる本展では、日本と西欧、美術と工芸、近代と現代、過去と現在、それぞれの出会い、あるいは分岐についての考察から生まれた新作4点を発表します。江戸末期、日本から西欧への輸出品として重宝された薩摩ボタンをモチーフにした《必要性と振る舞い(薩摩ボタンへの考察)》、明治期に織られたテーブルクロスを現代に蘇らせる《京都で織りなおし》、洋装を初めて取り入れたことでも知られる昭憲皇太后の大礼服のデザインに着想を得た《親愛なる忘却へ(美子皇后について)》、レンブラントの《夜警》とインド更紗を引用した《華の闇(夜警)》。いずれの新作も、京都服飾文化研究財団、川島織物セルコン、共立女子大学博物館、テキスタイル博物館テキスタイルラボ(ティルブルフ、オランダ)との協働によって制作されました。ヒエラルキーがいまだに存在する芸術の領域において「工芸的」「装飾的」とも見なされる手法を用いながら、しなやかにそしてしたたかに、モダニズム美術あるいは近代それ自体を検討し、わたしたちに問いを投げかける手塚愛子の新たな展開にぜひご期待ください。*本展は五島記念文化賞新人賞における成果発表展として東急財団(旧:五島記念文化財団)より助成を受け実施いたします。
[関連イベント]
1. トークイベント
日時: 9月3日(火)19:00ー20:00
会場: スパイラルガーデン(スパイラル1F)
登壇者: 手塚愛子(アーティスト)、正路佐知子(キュレーター、福岡市美術館)
2. アーティストトーク
日時: 9月8日(日)15:00ー16:00
会場: スパイラルガーデン(スパイラル1F)
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年09月04日 ~ 2019年09月18日

オープニングパーティー 2019年09月03日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

手塚愛子

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: September 2019

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援