「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展

国立新美術館

poster for 「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展
[画像: シニェイ・メルシェ・パール「紫のドレスの婦人」(部分)1874年、ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー © Museum of Fine Arts, Budapest – Hungarian National Gallery, 2019]

このイベントは終了しました。

※本展示は臨時休館の影響で会期を縮小して掲載しております。
元会期: 2019年12月4日(水)〜2020年3月29日(日)

*国立新美術館は新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年2月29日(土)より3月15日(日)まで臨時休館しておりますが、再度政府からの要請を受け、臨時休館を当面の間延長することを決定いたしました。

日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展を開催します。 両館の所蔵品がまとまった形で来日するのは、じつに25年ぶりとなります。本展では、ルネサンスから20世紀初頭まで、約400年にわたるヨーロッパとハンガリーの絵画、素描、彫刻の名品130点が一堂に会します。クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルノワール、モネなど巨匠たちの作品に加えて、日本では目にする機会の少ない19・20世紀ハンガリーの作家たちの名作も、多数出品されます。
出品作家: ティツィアーノ・ヴェチェッリオ、ルカス・クラーナハ(父)、エル・グレコ、ピエール=オーギュスト・ルノワール 、クロード・モネ、クルト・シュヴィッタース、リップル=ローナイ・ヨージェフなど

メディア

スケジュール

2019年12月04日 ~ 2020年02月28日
2019年12月24日〜2020年1月7日は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援