「日本の素朴絵 - ゆるい、かわいい、たのしい美術 - 」

三井記念美術館

poster for 「日本の素朴絵 - ゆるい、かわいい、たのしい美術 - 」
[画像: はにわ(猪を抱える猟師) 1躯 古墳時代 個人蔵]

7日後終了

日本では昔から、様々な形式の作品に緩やかなタッチでおおらかに描かれた絵が残っています。それらは「うまい・へた」の物差しでははかることのできない、なんとも不思議な味わいを持っており、見る人を虜にします。本展覧会では、ゆるくとぼけた味わいのある表現で描かれたこのような絵画を「素朴絵(そぼくえ)」と表現します。しかし、西洋絵画の「素朴派」とは異なり、「リアリズムを目指す表現の人為的・技巧主義的なものを超越した」という意味を含んでいます。素朴絵は生活の中で様々なものに登場します。絵巻、絵本、掛軸や屏風、時には嗜好品として親しまれ、時には庶民が手の届かない「うまい」作品の代替として、季節行事に使う道具に用いられ、仏画として信仰の対象にもなってきました。また、禅僧などの高名な人物によって描かれた素朴絵も注目されます。このように過程をたどると、素朴絵は知識人や富裕層だけでなく、どの時代でも「庶民」が主体となって描き継がれ、残されてきた芸術といえます。本展覧会では、これまで本格的に取り上げられることのなかった、様々な時代・形式の素朴絵を紹介することで、名人の技巧や由緒ある伝来に唸るだけではない、新しい美術の楽しみ方をご提供します。また、仏像や神像などの彫刻にも素朴なものがあり、これらも交えて素朴な美の広がりもうかがうことができます。

メディア

スケジュール

2019年07月06日 ~ 2019年09月01日

入場料

一般 1300円、大学生・高校生 800円、中学生以下 無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
月曜休館

アクセス

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
電話: 03-5777-8600

東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅A7出口より徒歩3分、銀座線・東西線・都営浅草線日本橋駅B11出口より徒歩4分、JR東京駅日本橋口より徒歩7分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援