「MAMスクリーン011: 高田冬彦」

森美術館

poster for 「MAMスクリーン011: 高田冬彦」
[画像: 高田冬彦 《牧神の午後》 2015-2016年 ビデオ 5分27秒 企画、制作協力:BONUS、木村覚 音楽:大谷能生]

このイベントは終了しました。

高田冬彦(1987年広島生まれ)は、宗教、神話、おとぎ話、ジェンダー、トラウマ、性、BL(ボーイズ・ラブ)といった多様なテーマを扱いつつも、ポップでユーモアのある、時折エロティックな映像作品を制作してきました。自宅スタジオから、大学、野外まで、撮影場所はさまざまで、手作り感あふれるセットも魅力です。一見、荒唐無稽なストーリーのようでありながら、社会に対する批評的な一面をもつ高田の作品群を、約1時間のプログラムで紹介します。

メディア

スケジュール

2019年06月20日 ~ 2019年10月27日

アーティスト

高田冬彦

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援