「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」展

国立西洋美術館

poster for 「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」展

5日後終了

19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドでは、ロシアからの独立運動、そして1917年に誕生する新しい国家の形成と歩調を合わせて、社会における女性の立場や役割に大変革が起こりました。美術界においても、19世紀半ばに設立されたフィンランドで最初の美術学校は、当時のヨーロッパではめずらしく、創立当初から男女平等の美術教育を奨励しました。この時代の女性たちは、奨学金や留学のチャンスを掴み、国際的な環境で研鑽に励みながら、芸術家としてのキャリアを切り開くことができたのです。日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した本展は、独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家たちに焦点を当てる、日本で初めての試みです。この展覧会は、フィンランド国立アテネウム美術館の企画によって欧米3都市で開催された国際巡回展をベースに、日本オリジナルの内容に再構成したものです。同美術館のコレクションから、近年世界的にも注目を集めるヘレン・シャルフベック(1862-1946)や、パリでロダンに学び、彼の代表作《カレーの市民》の助手も務めた彫刻家シーグリッド・アフ・フォルセルス(1860-1935)ら7人の女性芸術家を一堂に紹介します。絵画、彫刻、素描、版画など約90点の作品を通して、生涯にわたり独自の芸術表現を追い求めた、彼女たちの多彩な活動と功績を是非ご覧ください。
[関連イベント]
1. 国際シンポジウム「近代の女性芸術家たち:フィンランドと日本」
日時: 6月21日(金)14:00~18:00※同時通訳つき
登壇者: アンナ=マリア・フォン・ボンスドルフ(フィンランド国立アテネウム美術館主席学芸員)、アヌ・ウトリアイネン(フィンランド国立アテネウム美術館上級研究員)、アンナ=マリア・ウィルヤネン(フィンランドセンター所長)、児島薫(実践女子大学教授)
2. ギャラリートーク
日時: 7月19日(金)、8月9日(金)、9月6日(金)各回18:00~(約30分)
会場: 新館2階展示室内
解説者: 久保田有寿(国立西洋美術館特定研究員)
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年06月18日 ~ 2019年09月23日

入場料

一般 500円、大学生 250円

アートスペースの開館時間

9:30から17:30まで
金曜日は20:00まで, 土曜日は20:00まで
月曜休館

アクセス

〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
電話: 03-3828-5131 ファックス: 03-3828-5135

JR上野駅公園口より徒歩4分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援