「3 は魔法の数字」展

高崎市美術館

poster for 「3 は魔法の数字」展
[画像: 「Tokyo Binary」 2011年 ※「五感でアート Part2」出品作品]

このイベントは終了しました。

three(スリー|川崎弘紀、佐々木周平、小出喜太郎)は、1986年福島県生まれの3人が、2009年結成したアートユニットです。国内外数多くのグループ展に参加するほか、2010年より個展「three is a magic number」を定期的に開催。魚型しょうゆ差しやフィギュア、キャンディなど、嗜好品を大量に組み合わせたインスタレーションや立体作品により、現代社会が内包するさまざまな問題の視覚化を試みてきました。「地方と都市」、「群衆と個」など対極的でありながら複雑に絡み合う両者に対して問題意識を持ちながら、冷静かつシニカルなまなざしで向き合い続けます。今回はthreeの代名詞ともいえる魚型しょうゆ差しを用いたインスタレーションやフィギュアを用いた作品、来館者のみなさんと一緒に完成させる作品など新作もご紹介します。ポップでカラフル、ちょっと不思議な作品たちにはどんなメッセージが込められているのでしょうか。高崎オリジナルの作品も制作中です!
[関連イベント]
1.プレイベント トーク&ライブ「今いるココから」
日時: 7月12日(金曜)午後2時~
出演: 小林賴司(Raiji&Chips)× three
参加費: 無料
定員: 80名(予約先着順)
2. threeによるギャラリートーク
日時: 7月13日(土曜)、27日(土曜)、8月11日(日曜・祝) いずれも午後2時~
講師: three
参加費・申し込み: 不要、美術館観覧料が必要
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年07月13日 ~ 2019年09月01日

アーティスト

スリー

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援