「府中市制施行65周年記念 棟方志功展」

府中市美術館

poster for 「府中市制施行65周年記念 棟方志功展」

このイベントは終了しました。

1903年、青森に生まれた棟方志功は、油彩画家を目指して21歳で上京します。しかしその後、自らにより適した表現として木版画に力を注いでいきました。1939年には《二菩薩釈迦十大弟子》を制作。鋭利で力強い彫りの跡や、紙面の白と版面の黒の対比が印象的なこの作品は、現在でも棟方の代表作として高く評価されています。さらに戦後には国内外の展覧会に出品を重ね、1955年の第3回サンパウロ・ビエンナーレ、翌年の第28回ヴェネツィア・ビエンナーレで受賞するなど、日本を代表する版画家として不動の地位を得るにいたりました。棟方志功は自らの木版画を「板画」、すなわち板の中から生まれた絵画と称しました。この展覧会では、棟方板画の全貌と真髄を、青森市にある棟方志功記念館の所蔵作品によってたどります。岡本かの子の詩に寄せて女性への礼賛を謳いあげた連作《女人観世音板画巻》。青森県庁舎の玄関ホールに掲げるべく制作された《花矢の柵》。全幅13メートルの大画面にわたって躍動感あふれる人物像が輪舞する《大世界の柵 坤 人類から神々へ》。独自の版表現を模索し続けた棟方志功の軌跡を、連作と大作に着目しながら紹介します。

[関連イベント]
1. 20分スライドレクチャー
日時: 5月26日、6月2日、8日、16日、30日、7月6日 14:00〜
会場: 当館講座室
2. 展覧会講座「棟方志功 板画の軌跡」
日時: 6月22日 14:00〜
会場: 当館講座室
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2019年05月25日 ~ 2019年07月07日

アーティスト

棟方志功

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: June 2019

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援