水代達史 展

新生堂

poster for 水代達史 展

5日後終了

装飾表現を専門とする彫金技法を用いた金工作品展。鳥の体が花になっていたり、トカゲの尾が花になった“カモフラージュ”をテーマにした作品など一見すると生きものたちの姿をしているが、植物との組み合わせによって、お互いを違った視点でみなおす作品を制作していた水代達史。今回は、蛙が花かごをひいた作品など、可愛らしさとユーモアを掛け合わせた展覧会では「呼吸」をテーマに、息遣いが聞こえてくるような、生き物の持つ生命力や、躍動感を細部にまでこだわり表現しています。工芸を学んだ中で得た巧みな技術をいかし、金属を板から加工、形成していく中で生まれる造形や現象の技術的なものだけではなく、表現としての新しい表現に挑戦しています。

メディア

スケジュール

2020年01月17日 ~ 2020年02月01日

アーティスト

水代達史

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から18:00まで
日曜・祝祭日休館
最終日は17:00まで

アクセス

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-30
電話: 03-3498-8383 ファックス: 03-3499-9960

東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅B1出口より徒歩7分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援