「浅川コレクションの世界 創造に寄りそう眼」

足利市立美術館

poster for 「浅川コレクションの世界 創造に寄りそう眼」
[画像: 中西夏之「コンパクト・オブジェ」(1962) ミクストメディア]

このイベントは終了しました。

浅川邦夫氏(1932-)は、日本における現代美術ギャラリーの草分けの一つである南画廊(1956-79)に、開業から12年あまり勤め、その後2003年まで、自身が設立した画廊春秋(1968-2003)を35年にわたって経営しました。画商として生きた半世紀のあいだに、様々な作家に出会い、作品が生み出される場に立ち会いました。それに伴い質・量ともに破格というべきコレクションが形成されました。
足利市立美術館では開館当初より寄託を受け、テーマごとに展示してまいりました。また、2011年に開催した「画廊の系譜 浅川コレクションと1960-80年代日本美術」において日本の戦後美術の名品約100点を厳選し、日本の現代美術における浅川コレクションの位置と意義を検証しました。
このたび700点に及ぶ浅川コレクションが当館に寄贈されました。寄贈を記念して開催する本展では、現代美術の名品はもとより、氏の眼に触れ手元に残した国内外の近現代美術作品も展覧いたします。いずれも氏の愛惜してやまぬ珍しい作品ばかりです。本展により、浅川コレクションの全貌が初めて明るみに出ます。

メディア

スケジュール

2019年08月03日 ~ 2019年10月20日

アーティスト

中西夏之靉嘔駒井哲郎池田龍雄

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援