田沼武能 「童心 - 世界の子ども 写大ギャラリー・コレクションより」

写大ギャラリー

poster for 田沼武能 「童心 - 世界の子ども 写大ギャラリー・コレクションより」
[画像: 田沼武能「放課後のいたずら描き」オーストラリア・シドニー 1983年]

このイベントは終了しました。

日本を代表する写真家であり、東京工芸大学名誉教授でもある田沼武能の写真展を開催いたします。本展は、世田谷美術館で開催される 田沼武能 写真展「東京わが残像 1948-1964」(会期:2019年2月9日〜4月14日)にあわせての開催です。
田沼武能は、1929年に東京浅草で生まれ、1949年に本学(当時・東京写真工業専門学校)を卒業します。卒業後、サン・ニュース・フォトスに入社し、同時に木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートしました。その後、新潮社『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真による連載で注目を集め、1965年にはアメリカのタイム・ライフ社と契約し、フォト・ジャーナリズムの分野で活躍します。また、ユニセフ(国連児童基金)親善大使の援助国訪問には、1984年の初回からすべてに同行取材するなど、世界各国で撮影取材を行います。
世界各国を取材する中で、田沼は子どもたちに魅せられ、今日まで世界中の子どもたちを撮り続けてきました。これまでに120ヵ国を超える国々を訪れ、子どもたちの写真を通してメッセージを送り続けています。
田沼は「子どもは地球の鏡」と述べています。内戦や貧困など困難な状況に生きる子どもたちを含め、世界各地の子どもたちの生き生きとした姿や暮らしを捉えることにより、田沼の写真は、子どもたちの大切さや素晴らしさを訴えると共に、地球上の諸状況を伝えています。
90歳を迎える現在も写真家として精力的に活動を続ける田沼武能。そのライフワークである世界の子どもたちを、本学のコレクションと新たに加えた作品で構成しご紹介します。

メディア

スケジュール

2019年03月05日 ~ 2019年04月27日
会期中無休

アーティスト

田沼武能

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援