長沢秀之「対話『私が生まれたとき』神戸 25年あと(未来)の記憶」

原爆の図 丸木美術館

poster for 長沢秀之「対話『私が生まれたとき』神戸 25年あと(未来)の記憶」

このイベントは終了しました。

長沢秀之による対話「私が生まれたとき」シリーズは2015年に始まり、2017年の奄美編を経て今回の神戸編につながっています。神戸編では、その土地に住んでいるひとに「私が生まれたとき」ではじまる文章と関連する写真を提供してもらい、その写真をもとに描いたドローイングや絵と文章を組み合わせて展示します。2020年1月17日は、阪神淡路大震災から25年という節目にあたります。震災のただ中にいたひと、そのときまだ生まれていないひと、多様なひとのイメージが、過去、現在、未来という直線的な時間軸を解きほぐし、ひとの記憶と思い起こすことによって生まれるあらたな時間を展示します。


[関連イベント]
1. オープニングトーク
日時: 11月23日 14時〜
登壇者: 長沢秀之
聞き手: 岡村幸宣(丸木美術館学芸員)
2. トーク「ひとの時間、地の時間
日時: 12月8日 14時〜
ゲスト: 市川政憲(美術評論家)
3. トーク「からだと記憶」
日時: 1月19日 14時〜
ゲスト: 服部正(甲南大学文学部教授)
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2019年11月23日 ~ 2020年02月16日

アーティスト

長沢秀之

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援