浜口陽三 「パリからサンフランシスコへ」

武蔵野市立吉祥寺美術館

poster for 浜口陽三 「パリからサンフランシスコへ」
[画像: 浜口陽三《4つのさくらんぼ》1963年]

このイベントは終了しました。

1981年、浜口陽三は40年近く住み慣れたパリを離れて、サンフランシスコへと移住しました。当時アメリカでは、刷師をみつけること自体が困難な状況だったといいます。本展では、1981年に制作された《ロビーナのさくらんぼ》をはじめ、《びんとレモン》(1983年)や《てんとう虫》(1984年)など、アメリカに移住した当初の1980年代前半に刷られた作品に焦点を当てた構成を試みます。さらに、《Thee Butterflies》(1985- 91年)6点も合わせて展示。浜口がこだわった色調の変化にも注目します。パリからサンフランシスコへと制作の場を移した時期の作品とパリ時代の同じモチーフを捉えた作品を通して、それぞれの魅力をお楽しみいただければ幸いです。

メディア

スケジュール

2019年06月13日 ~ 2019年11月10日
7月9日~7月19日、9月9日~9月20日は休館

アーティスト

浜口陽三

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援