⼩林正⼈ 「画家とモデル」

シュウゴアーツ

poster for ⼩林正⼈ 「画家とモデル」

このイベントは終了しました。

古くは画家とモデルの関係性は「⾒る - ⾒られる」「描く- 描かれる」というものでしたが、時としてモデルはその状態を超えて画家の感性に触れ、⾒えないものに形を与える媒介的な役⽬を果たすこともあります。⾼校時代に愛する⼈物を描くため芸術の世界に⾜を踏み⼊れた⼩林にとって、モデルは創作の根源的な動機であり、また共同制作者であり続けました。⼩林の作品は孤⽴した物体ではなく、この星の時空間に存在する絵画です。その⼀つの答えとして90年代に⼩林は⻑⽅形の枠を⾶び出し、キャンバスを張りながら⼿で描くという絵画の魂と⾁体を⼀つに合わせるような⽅法論を創出しました。また00年代からはひどい絵から美しい絵の境界線を拡張するような作品を数々⽣み出してきました。2017年から制作を始めた今展では、後ろ向きに横たわり背中から⼼臓を撃ち抜かれたモデルと、筆を咥えて⻭噛みをする⾺(画家)がそれぞれ描かれ展⽰されます。両者の関係性は謎に満ち、決してハッピーエンドを迎えるものとも限りません。しかしその過程のなかで画家は現実と画を⽣き抜き、過去も現在も統合し美を結実させます。その⾏為は神秘的であり、ひとりでなし得ることが出来ないからこそ、⼩林はこの星に捧げる作品として画家とモデルをテーマに制作を続けます。
[関連イベント]
オープニングトーク
日時: 6⽉1⽇(⼟)15:00から
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年06月01日 ~ 2019年07月06日

オープニングパーティー 2019年06月01日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

⼩林正⼈

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援