大原大次郎 「Recover」

CASE TOKYO

poster for 大原大次郎 「Recover」

このイベントは終了しました。

描き文字をはじめとするタイポグラフィを基軸とした表現で、音楽関連のデザインワークや広告といったクライアントワークに従事する一方、モビールによるタイポグラフィのプロジェクトや、自然との対話のなかで文字の原型を探るアートワークなど、独自のスタンスで、言葉と文字の知覚を探るプロジェクトに取り組む大原。2019年1月にはCase Publishingの刊行物のデザインを手がけている田中義久との二人展「大原の身体 田中の生態」がクリエイションギャラリーG8(東京)で開催され、大きな話題となりました。CASE TOKYOで開催する本展では、新作8点を加えた10点を展示。Case Publishingから近年刊行された写真集/アートブックを新たな切り口で読み解く大原による試みを是非ご覧ください。

メディア

スケジュール

2019年07月11日 ~ 2019年08月31日
8月10日、13日〜17日は夏季休館

アーティスト

大原大次郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援