「見えてくる光景 コレクションの現在地」

アーティゾン美術館

poster for 「見えてくる光景 コレクションの現在地」
[画像: ヴァシリー・カンディンスキー《自らが輝く》1924 年 (新収蔵作品)]

このイベントは終了しました。

*当館は新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年3月3日(火)から3月15日(日)まで臨時休館とさせて頂きます。3月中のラーニングプログラム(ギャラリートーク、ファミリープログラム)等も中止致します。なお、3月2日(月)及び3月16日(月)は従来通り休館日とさせて頂きます。

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋寛)は、1952年に創設されたブリヂストン美術館を前身とし、2015年5月から建て替えのため長期休館していましたが、2019年7月の館名変更を経て2020年1月18日(土)に開館します。旧美術館と同じ東京・京橋の地に、約2倍の展示面積と最新の設備を伴い、さらに古代美術、印象派、日本の近世美術、日本近代洋画、20世紀美術、そして現代美術まで視野を広げ、美術の多彩な楽しみを提供します。開館記念展では全展示室を用い、約2,800点の石橋財団コレクションの中から初公開作品約30点を含む約200点を選りすぐり、2部構成で紹介します。第1部「アートをひろげる」では、近代から現代に至る東西の名品を一つの地平に並べ、時間、空間を超えた美術の風景を一望します。第2部「アートをさぐる」では、7つのテーマからアートを掘り下げ、その歴史の奥底へと誘います。
[関連イベント]
1. 土曜講座 「アートの現場 」
日時: 1月18日〜2月8日 (全4回)
時間: 14:00-15:30
場所: 3階レクチャールーム 聴講無料
*当日は 12:00 からレクチャールーム前で整理券を配布します。定員になり次第、受付終了。
1月 18 日 「ブリヂストン美術館から、アーティゾン美術館へ」
石橋 寬 (アーティゾン美術館館長)
田畑多嘉司 (同館クリエイティブディレクター)
①1月25日「アートと人のための空間」/ 米谷ひろし (デザイナー、有限会社トネリコ代表、多摩美術大学教授)
②2月1日 「意識の発火 デザインからデザインまで」 / 廣村正彰 (グラフィックデザイナー、 廣村デザイン事務所代表)
③2月8日 「ホモ・ピクトル・ムジカーリス─描き音楽するヒト」 / 岩田誠 ( メディカルクリニック柿の木坂院長、 東京女子医科大学名誉教授 )
2. 学芸員によるギャラリートーク
日時: 毎月第1金曜日 18:30-19:30、第3金曜日 15:30-16:30
集合場所: 6階展示室入口
参加費・申込み不要
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

ブリヂストン美術館から名称変更、「アーティゾン美術館」が2020年1月18日にオープンへ

開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」で未公開作品を含む約200点を公開

Art Beat News tablog review

3連休はアートを見よう。屋外彫刻展などTABおすすめ展覧会3選

3連休はゆっくりアート鑑賞を。TAB編集部おすすめの展覧会を3つ紹介

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援