「第13回 shiseido art egg 小林清乃」展

資生堂ギャラリー

poster for 「第13回 shiseido art egg 小林清乃」展
[画像: 小林清乃「Polyphony1945」(部分) (2017) ミクストメディア]

このイベントは終了しました。

shiseido art egg(シセイドウアートエッグ)は、2006年にスタートした公募プログラムで、瑞々しい新進アーティストによる「新しい美の発見と創造」を応援するものです。入選者は資生堂ギャラリーで開催される通常の企画展と同様に、担当キュレーターと話し合いを重ね、ともに展覧会を作り上げます。
第13回目となる本年度は、全国各地より269件の応募をいただきました。今回も資生堂ギャラリーの空間を活かした独創的なプランが多く提案されましたが、選考の結果、独自の視点から今日の世界の新しい価値観や美意識を表現する3名、今村文(いまむら ふみ)、小林清乃(こばやし きよの)、遠藤薫(えんどう かおり)が入選となりました。
入選者の個展を2019年7月5日(金)〜9月22日(日)にかけて、それぞれ開催いたします。次代を担う3名の新進アーティストたちの個展に、ぜひご来場賜りましたら幸いです。
小林は、人間によって「書かれる言葉」「語られる言葉」に関心を持ち、個人と社会との関わりを問いかける作品を発表しています。戦時下の1945年に女学校を卒業したばかりの女性たちが綴った手紙をもとに、手紙を朗読する複数の人の声を組み合わせたサウンドインスタレーションを構成。発語の作用によって過去の時間に生きた人々の生を呼び起こしていく作品となるでしょう。
[関連イベント]
◎作家によるギャラリートーク(小林清乃)
日時: 8月3日(土)14:00~14:30

メディア

スケジュール

2019年08月02日 ~ 2019年08月25日

アーティスト

小林清乃

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援