「スナップショット - 瞬間はいつも輝いている - 」 展

リコーイメージングスクエア銀座8F A.W.P ギャラリーゾーン

poster for 「スナップショット - 瞬間はいつも輝いている - 」 展

このイベントは終了しました。

写すという行為は被写体の発見から始まります。写したいという衝動に駆られる被写体とは何か。その対象となる被写体はさまざまである。シャッターを押す瞬間の心のときめきこそが写す醍醐味ともいえる。今回の写真展は4人の写真家によるスナップショットである。Ericは市井の人々を至近距離で居合抜のごとく写す。しかも、日中にフラッシュを使っての撮影だ。写された側もその事実に気づかないという。小松健一は1970年代から80年代の東京のスナップだ。高度経済成長の終焉以降の東京に暮らす人々を独自の視点で描く。佐藤理は1970年代の群馬県の山人の暮らしを写した。しかも大型の8×10カメラを担ぎ上げての撮影である。白石ちえこは郷愁あふれるシーンにカメラを向けた。ゆっくりと時間が流れていくが、写さなければいずれ消滅する光景でもある。作家の独自の視点で表現された瞬間である。展示作品は、Ericはカラー、小松氏・佐藤氏・白石氏はすべてモノクロームのゼラチンシルバープリントで合計32点を展示いたします。併せて展示作品の販売もおこないます。

メディア

スケジュール

2019年07月10日 ~ 2019年08月11日

アーティスト

ERIC小松健一佐藤理白石ちえこ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援