ジャン・ジュリアン 「レコニル」

NANZUKA

poster for ジャン・ジュリアン 「レコニル」

このイベントは終了しました。

この度、NANZUKAはフランス人アーティスト、ジャン・ジュリアンの新作個展「レコニル」を開催致します。本展覧会は、昨年GALLERY TARGETにて開催された日本初個展に続く、東京で2度目の個展となります。ジュリアンは、1983年フランスに生まれ、2008年にロンドンのセントラル・セントマーチンズを卒業した後、2010年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて修士号を取得。イラストレーターとして、New York Times、National Geographic、RCA Records、Le Centre Pompidou、Hermès、Petit Bateau 、Vogueなど様々なクライアントに作品を提供する傍ら、ペインティング作品の製作も精力的に行っており、これまでサンフランシスコ、ロンドン、ベルリン、シンガポールなど世界各地で展覧会を行っています。本展「レコニル」は、ジュリアンのファミリールーツのあるブルターニュ地方の港町、プロバナレック=レコニルに由来しています。ジュリアンは、今年の夏を通してレコニルにある祖父母の家で過ごし、幼少期に過ごしたこの街での記憶を辿るかのように、本展のペインティング作品の大半を製作しました。穏やかで美しい海、風に揺られる麦畑、漁師の祖父の採った海の生物たち、庭から見える何気なく美しい風景など、ジュリアンの描く作品の1点1点から、実にみずみずしいストーリーを読み解くことができます。ジュリアンは、闘士星矢やドラゴンボール、シティハンターといった日本の漫画作品の数々や、フランスのバンドシネと呼ばれる漫画作品、あるいはフランスのポスターアーティストであるサヴィニャック、絵本作家のトミー・ウンゲラー、イラストレーターであり漫画家のジャン=ジャック・サンペなどからインスピレーションを受けたと、自ら語っていますが、ウィットに富んだその作品は、ファインアートに囚われず、幅広いカルチャーから自然と育んだ創造性から生まれたものだと呼べるでしょう。本展では、2mレンジの大作7点を含めた合計約30点ものキャンバスペインティングと、パネル型の立体作品を発表する予定です。また、本展覧会に合わせて、ジャンのペインティングをNANZUKA PUBLISHINGにて出版致します。通常版に加えて、Editionプリントがセットになった、限定200冊の特別BOX版もリリースされます。この他に、ジュリアンのデザインによるコーチジャケット、Tシャツ、ハッピも数量限定で販売されます。

メディア

スケジュール

2019年10月12日 ~ 2019年11月09日

オープニングパーティー 2019年10月12日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

ジャン・ジュリアン

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援