「MAMスクリーン010: ミハイル・カリキス」

森美術館

poster for 「MAMスクリーン010:  ミハイル・カリキス」
[画像: ミハイル・カリキス 《怖くなんかない》 2016年 ビデオ 10分]

このイベントは終了しました。

ミハイル・カリキス(1975年テッサロニキ〔ギリシャ〕生まれ)は、音楽、建築などを学んだ後、映像、写真、パフォーマンスなど多様なジャンルを横断し、体感型インスタレーションへと発展させてきました。本プログラムで上映する3作品では、炭鉱跡、産業構造の変化により衰退した村、あるいは障がいのある人々が働く工場を舞台に、人間の存在、友情、労働、行動(アクション)などに対するオルタナティブなモデルを提示しています。いずれも人々が集団で歌うシーンを通して、労働や雇用の意味、天然資源や産業とコミュニティの関係などを考えさせます。

メディア

スケジュール

2019年02月09日 ~ 2019年05月26日

アーティスト

ミハイル・カリキス

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援