「収蔵作品展 かわいい?めでたい? 工芸家たちの動物世界」

佐倉市立美術館

poster for 「収蔵作品展 かわいい?めでたい? 工芸家たちの動物世界」

このイベントは終了しました。

ネコ、ウサギ、カメ、龍(!?)これまで日本では、さまざまな 動物たちが工芸作品やその図案として表わされています。作者は、 どんな思いでそれらの動物たちを制作したのでしょうか。本展では、 佐倉市立美術館の収蔵品の中から、明治から平成にかけて工芸作品として 表わされた動物たちを、込められた意味に注目しながら紹介します。 あわせて、『少年ケニヤ』などの作品で、野生動物を活き活きと描き出した 山川惣治の作品を紹介します。
[関連イベント]
ギャラリートーク
担当学芸員が展示解説をします。
日時: 6月15日(土)・7月13日(土) 14:00~
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年05月25日 ~ 2019年07月15日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援