「北詰コレクション メタルアートの世界3 - 彫金の魅力 - 」展

千葉県立美術館

poster for 「北詰コレクション メタルアートの世界3 - 彫金の魅力 - 」展
[画像: 帖佐美行 《霧風香炉》 制作年不詳]

このイベントは終了しました。

北詰コレクションとは、印西市で活動していた金属工芸(金工)専門の美術館「メタルアートミュージアム・光の谷」を運営していた北詰氏のコレクションです。近代工芸界に多大な影響を及ぼした佐倉市出身の二人の工芸家、香取秀真、津田信夫の作品を軸に、二人にゆかりのある、大正から昭和にかけての金工作家の作品を中心に形成されています。平成 29年度、当館はその356点におよぶ金工作品コレクションを寄贈いただきました。以来、毎回テーマを設けて紹介しています。第3期目となる本展では、金属を彫って表現する「彫金」の技法に注目し、北原千鹿、帖佐美行、信田洋など、著名な彫金作家によるメタルアートの魅力を紹介します。

メディア

スケジュール

2019年01月29日 ~ 2019年04月14日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援