「考える。益子の新しい伝統に向けて」展

ATELIER MUJI GINZA

poster for 「考える。益子の新しい伝統に向けて」展

このイベントは終了しました。

ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、MASHIKO Productとの協働による「栗の木プロジェクト」をスタートします。「栗の木プロジェクト」は、イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリ(Enzo Mari 1932~)との対話から生まれた取り組みです。「目先の経済を優先するのではなく、栗の木を植えるように長く持続し未来の人々に実りをもたらすこと」を目指した展覧会とイベントを開催しています。第三弾となる本展のテーマは「考える」。はじまりは、マーリが1970年代にダネーゼ社のため、磁器工房の職人とともに手がけた器のシリーズ<SAMOS>でした。その手法とは、作家による工芸的な手仕事でも、工業製品でもない、職人とデザイナーが対等に対話することによってクオリティを生み出す手仕事のあり方でした。私たちは、その哲学から発想を得、独自のワークショップの実験を行なっています。ワークショップは、日常使いの器として関東圏を中心に親しまれる益子焼の産地を舞台に、現地の作家と、ATELIER MUJI GINZAが構成したデザイナーを含むチーム、計11名によって6日間にわたり繰り広げられました。本展では、そのプロセスを語る約150点以上の試作やツール、さらに<SAMOS>2点が一堂に会します。今回の展示は、益子焼の新たな伝統に向けた長期プロジェクトのローンチであり、私たちは今後もワークショップを継続し、メソッドを進化させていく予定です。「多くの職人たちは、自動的に手を動かし、考えることなく“伝統”を右から左へと継承している」というマーリのことばについて、自身の頭で考えることからはじめ、手を使って新たなメソッドと形を模索していきます。
ワークショップ参加者: 益子町の作陶家|阿部智也、大塚一弘、川島郁朗、濱田友緒 無印良品・IDÉE|遠藤紗和見、加藤晃、小嶋紗代子、小林真紀、田代かおる、永田貴大、深田新
[関連イベント]
◎オープニングイベント・ギャラリートーク
本展オープニングを記念し、益子町の濱田窯 代表 濱田友緒氏、清窯 代表 大塚一弘氏、道祖土(さやど)和田窯 代表 塚本倫行氏をお招きし、「益子焼」の定義とは何か? また本ワークショップについて、MASHIKO Productの未来のビジョンについて語っていただきます。本ワークショップに参加した作陶家、デザイナーの皆さんとの懇親会もございます。ふるってご参加ください。
日時: 2019年11月29日 19:00-20:30(受付は18:30から)
会場: 無印良品 銀座6F ATELIER MUJI GINZA Lounge
定員: 50名(要事前申込)
参加費: 無料
※お申し込み方法は公式ウェブサイトからご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年11月29日 ~ 2020年03月08日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援