「MAMコレクション009: 米谷 健+ジュリア」

森美術館

poster for 「MAMコレクション009: 米谷 健+ジュリア」
[画像: 米谷 健+ジュリア 《生きものの記録》(部分) 2012年 ウランガラス、ワイヤー、ブラックライト 3 x 3 x 5.2 m 展示風景:「生きものの記録:米谷 健+ジュリア」4Aアジア現代美術センター(シドニー)2012年 撮影:Zan Wimberley]

このイベントは終了しました。

日本人とオーストラリア人のユニット、米谷健+ジュリア(1971年/1972年東京生まれ)による、ウランガラスとブラックライトを用い、緑色に光るアリの形を模した立体作品《生きものの記録》(2012年)を紹介します。オーストラリアの先住民族アボリジニによる未来への警笛とも解釈できる神話「緑アリの教え」の調査を経て制作され、原水爆の恐怖に怯える男性を描いた黒澤明の映画「生きものの記録」(1955年)からタイトルを引用した本作は、放射能に対する作家の問題提起であるといえるでしょう。

メディア

スケジュール

2019年02月09日 ~ 2019年05月26日

アーティスト

米谷健 + ジュリア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援