岩合光昭 「ねこづくし」

川崎市市民ミュージアム

20%

off!

poster for 岩合光昭 「ねこづくし」

5日後終了

1950年に東京に生まれ、動物写真家の父・岩合徳光に同行したガラパゴス諸島で二十歳を迎えた岩合光昭は、その大自然を目の当たりにし、動物写真家を志します。1979年には『海からの手紙』で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞、世界的グラフ雑誌『ナショナルジオグラフィック』の表紙を二度飾るなど、その作品は国内外で高い評価を得ています。こうした大自然に育まれる野生動物の姿を追う一方で、人々の暮らしの傍らで生きる猫へも眼差しを向け、岩合がとらえた猫たちの写真は多くの人々の心を惹きつけてきました。2012年にはNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」が放送を開始、2019年2月には初映画監督作品『ねことじいちゃん』が公開されるなど、その活動の幅を広げています。本展では、「島の猫」、「やきものの里のネコ」シリーズを中心に、岩合が日本各地で撮影した猫たちの写真作品、200余点を紹介します。
会場: 企画展示室1、アートギャラリー1・2・3

[関連イベント]
1. ギャラリーツアー
日時: 5月25日(土)、6月8日(土)各日14:00~(30分程度)
2. 映像ホール 関連上映
日時: 5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)各日11:00~/14:00~
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2019年04月23日 ~ 2019年06月30日
5月7日は休館。ゴールデンウィーク期間(4月27日〜5月6日は休まず開館)

アーティスト

岩合光昭

入場料

一般 800円、65歳以上・大学生・高校生 600円、中学生以下 無料

アートスペースの開館時間

9:30から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館

アクセス

〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2(等々力緑地内)
電話: 044-754-4500

武蔵小杉駅(JR南武線、東急東横線・目黒線)北口からバスで約10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援