「チェコ・デザイン 100年の旅」展

世田谷美術館

poster for 「チェコ・デザイン 100年の旅」展

このイベントは終了しました。

チェコ共和国と日本の関係は、オーストリア=ハンガリー帝国の一部であった時代から、二つの大戦を挟んで現在に至るまで意外に深いものがあります。後に初代大統領となったトマーシュ・G・マサリクがチェコスロヴァキアとして1918年に独立宣言をしてから、2018年で 100年となりました。本展は、アール・ヌーヴォーから、チェコ・キュビスム、アール・デコ、さらに現在に至るプロダクト・デザイン、玩具やアニメまでを含む、独立前夜からほぼ100年のデザイン約250点を、時代を追ってご紹介します。
[関連イベント]
1. 講演会「チェコ・アヴァンギャルドのデザイン」
日時: 9月22日(日)14:00~15:30(開場13:30)
登壇者: 井口壽乃(埼玉大学大学院教授/副学長)
会場: 講堂
2. 講演会「チェコスロヴァキア戦後デザインの葛藤」
日時: 10月14日(月・祝)14:00~15:30(開場13:30)
登壇者: ペトル・ホリー(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)
会場: 講堂
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年09月14日 ~ 2019年11月10日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援