「妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ」

川崎市市民ミュージアム

poster for 「妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ」

このイベントは終了しました。

妖怪は、古代から科学では説明できない現象を引き起こし、人々に恐れられてきた存在です。不可思議な現象だけでなく異形の存在もまた、妖怪になぞらえて伝えられています。長らく人智を超えた存在として認識されてきた妖怪ですが、江戸時代以降は、鳥山石燕(とりやませきえん)による『画図百鬼夜行』に代表される出版物を通して、時にユーモラスな存在として人々に親しまれてきました。一方で、近代を迎え科学技術が発達すると、妖怪のような目に見えない存在よりも、人間そのものによって生みだされる欲望や恐怖が浮き彫りになっていきます。明治時代には、日清戦争・日露戦争という二度の戦争によって、人間による所業の恐ろしさが強調されていきました。本展では、近世から近代にかけて人々が抱いた恐怖や畏怖の対象が、妖怪から人間――ファンタジー<異界>からリアル<現実>になっていく様子を、「妖怪」と「ヒト」の境界線に注目し、市民ミュージアムの多様な収蔵品約100点から辿ります。

[関連イベント]
1. 木原浩勝 怪談トークショー
日時: 8月11日(日)14:00~15:30
会場: 1F 映像ホール
定員: 270名(要観覧券/当日先着順)
※開場は30分前
2. 視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
日時: 9月22日(日)13:00~15:00
会場: 2F 企画展示室2
料金: 500円
定員: 7名(事前申込制)
3. 担当学芸員によるギャラリートーク
日時: 7月13日(土)、8月17日(土)、31日(土)各日14:00~/8月3日(土)17:00~
会場: 2F 企画展示室2
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2019年07月06日 ~ 2019年09月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援