「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」展

パルコミュージアム

poster for 「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」展

このイベントは終了しました。

本展は平面のセル画の世界のアニメを現実に呼び起こし、プラモデルの作り手のイメージを掻き立てる橋渡しとなるガンプラの箱絵を、黎明期から描き続ける開田裕治ならではのガンダムの魅力を最大限に表現。
展示では「機動戦士ガンダム」から「新機動戦記ガンダムW」までのアナログ原画、「∀ガンダム」までのデジタル原画が迫力の展示で会場を埋めつくします。展示の作品は1枚1枚の絵の中に、ガンダム特有の工業製品であることと兵器であること、戦争状況の中で活躍しているドラマ性とともに描かれています。
会場では展覧会の開催を記念したグッズや、関連商品、複製原画などを販売いたします。
機動戦士ガンダムも40周年を迎える本年、その1つの歴史となるガンプラの箱絵を描いてきた開田裕治の、壮観で唯一無二なガンダム作品を体感できる展覧会となっております。

メディア

スケジュール

2019年05月17日 ~ 2019年06月03日
最終日は18:00まで

アーティスト

開田裕治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援