「アート・コレクション・プラス 具象彫刻の今 ― 彫刻家宮坂慎司と県美の収蔵作家たち」展

千葉県立美術館

poster for 「アート・コレクション・プラス 具象彫刻の今 ― 彫刻家宮坂慎司と県美の収蔵作家たち」展
[画像: 宮坂慎司 《甘雨》 2006年]

50日後終了

気鋭の彫刻家宮坂慎司氏の作品に、当館収蔵の彫刻作品をくわえた展覧会です。柏市在住の宮坂氏は、塑造という手法を用いて、モルタルを中心とした素材の味わいを追及し、独自の世界を切り開く、現在最も注目される若手作家のひとりです。本展では宮坂氏の彫刻作品12点とともに、当館収蔵の郡司和男、平戸眞の彫刻作品2点、千葉県ゆかりの彫刻家であり、かつて筑波大学で教鞭をとった柴田良貴、上野弘道の彫刻作品2点も展示します。素材に残された彫刻行為の痕跡を通じて、造形そのものに向かう作家の息遣いを楽しみながら、「今」とつながる宮坂の彫刻世界をご鑑賞ください。宮坂氏は、制作活動だけでなく、筑波大学芸術系での教育活動や、視覚障害者を対象とした「触れる彫刻」のギャラリートークなど多様な分野で精力的に活動しています。本展開催期間中には、宮坂氏を講師に招いたワークショップや、実際に作品に触れながら鑑賞するギャラリートークも開催します。
会場: 第8展示室
[関連イベント]
1. ワークショップ 「粘土で遊ぼう ―彫刻家になってみよう―」
日時: 2月16日(土)13時~15時30分
2. ギャラリートーク 「彫刻に触れる・タッチツアーへようこそ」
日時: 3月16日(土)10時30分~ (1時間程度を予定)
3. 芸術文化講演会 「彫刻の世界」
日時: 3月16日(土)14時~15時30分(13時30分受付開始)
講師: 神戸峰男氏
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年01月29日 ~ 2019年04月14日

アーティスト

Shinji MiyasakaKazuo GunjiHiromichi Ueno

入場料

一般300円、大高生150円、小中学生無料

アートスペースの開館時間

9:00から16:30まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館

アクセス

〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
電話: 043-242-8311

JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅下車徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援