ジェームス・ジャービス 「Throw-ups」

NANZUKA

poster for ジェームス・ジャービス 「Throw-ups」
[画像: ©️James Jarvis Courtesy of the artist and NANZUKA]

5日後終了
本日(月曜日)休館

この度、NANZUKAは、ロンドン在住のイギリス人アーティスト、ジェームス・ジャービスの個展「Throw-ups」を開催いたします。本展は、ジャービスにとって、2015年にHHHギャラリーにて開催した個展に続く、日本では4年ぶりの新作展となります。ジェームス・ジャービスは、1970年生まれ、イギリス・ロンドンを拠点に活動しているアーティストです。イラストレーターとして、キャラクターデザイナーとして、日本国内でも広くその作風は知られています。2003年から2013年まで、SILASの共同創設者であるラッセル・ウォーターマンとともに「Amos」を運営し、近年もNIKE、ユニクロ、IKEAなど数多くのグローバルブランドとのコラボレーションを行っています。ジャービスがこれまで開拓してきた、漫画的スタイルのイラストレーションとオリジナルのキャラクターフィギュアを組み合わせるという表現方法の革新性は、変化と拡大を続ける現代美術の今日の有り様を鑑みて、特筆に値します。本展では、ジャービスが日課として描き続けているドローイング作品に加え、新作のスプレーペインティング、レーザーカットをした木製のレリーフ作品、カラーアクリル板を用いた平面作品、そしてブロンズ製の彫刻作品を発表いたします。「Drawing, for me, is a bit like breathing. It's something I feel compelled to do. / ドローイングは私にとって呼吸をする事と同じで、やらなくてはいけないもののようです」と語るジャービスの関心は多岐にわたります。哲学的な思考、多種多様な言語、歴史、社会的な問題から、ポピュラーカルチャー、アート、建築、スケートボーディングまで、そうした関心を背景して描かれたキャラクターたちは、極端に簡素化されているにも関わらず、実に雄弁に、コミカルに、そしてアイロニカルに、わたしたちの姿を映し出します。ジャービスは、語ります。「I see drawing more as a means of understanding the world than as an aesthetic construction for transcribing or recording an image. I am interested in the way that the process of making a drawing about something is a way of decoding and understanding that thing. / 私にとってドローイングとは、イメージを描き起こしたり記録したりするといった美学的な構造に基づいたものではなく、世界を理解するための手段です。私は、何かを描くプロセスが、そのことを解読し理解する方法となることに関心があります」と。

メディア

スケジュール

2019年07月20日 ~ 2019年08月24日

オープニングパーティー 2019年07月20日18:00 から 20:00 まで

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
月曜・日曜・祝祭日休館

アクセス

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
電話: 03-3400-0075 ファックス: 03-3400-1228

JR渋谷駅東口より徒歩3分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援