「META - 日本画のワイルドカード」展

神奈川県民ホールギャラリー

poster for 「META - 日本画のワイルドカード」展

このイベントは終了しました。

“META”は、「無秩序の、世代を超えた、独自の、変容する」という意味を示します。日本画を踏襲したアーティストたちが、META的な思考と表現をもって日本画の枠組みを超えた新しい芸術理念を探求しながらも、その素材や伝統に敬意を表した作品の展示を目的としたグループです。
本展の副題である「ワイルドカード」は、カードゲームにおいてどのカードにも代用できる万能札の意味を持つ言葉です。これまで日本画の定義をめぐり数多くの議論をされてきましたが、明確な答えを見出せずに今日に至っています。言い換えれば、日本画という言葉は、時代ごとに異なった意味で代用されてきました。その様は、まさに美術というゲームにおける「ワイルドカード」と言えるのではないでしょうか。
2016年に開催した前回展から、さらに変容した表象を、11名の作家の作品によって展覧します。本展を通して、変容し続ける日本画の現在をご高覧ください。
出展アーティスト: 市川裕司、梶岡俊幸、金子富之、木島孝文︎、酒井祐二、佐藤裕一郎、竹内啓、千葉大二郎、長沢明、吉澤舞子、吉田有紀

メディア

スケジュール

2019年02月20日 ~ 2019年03月03日
開館時間: 10:00〜18:00

アーティスト

市川裕司梶岡俊幸金子富之

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援