「創刊65周年記念『なかよし』展 - 乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆ -」

弥生美術館

poster for 「創刊65周年記念『なかよし』展 - 乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆ -」

このイベントは終了しました。

日本の現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ講談社の『なかよし』は、1954年12月に創刊号が発売されました。創刊当初は手塚治虫が目玉となって活躍し、「リボンの騎士」などの作品が雑誌を牽引しました。その後1970年代に「地獄でメスがひかる」「おはよう!スパンク」、1980年代に「妖鬼妃伝」「なな色マジック」「きんぎょ注意報!」「ミンミン!」、1990年代には「ミラクル☆ガールズ」「美少女戦士セーラームーン」「あずきちゃん」「魔法騎士レイアース」「カードキャプターさくら」の他、様々な人気作品を掲載。1993年9月号の発行部数は過去最高の200万部を超えました。創刊65周年を迎える本年に、『なかよし』の歴史を辿る展覧会を開催致します。※「魔法騎士レイアース」は、中期展示のみカラー原画を展示し、前・後期はモノクロ原稿の原画を展示致します。「カードキャプターさくら」はカラー原画を後期のみ展示し、前・中期はモノクロデータ原稿の複製原画を展示致します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2019年10月04日 ~ 2019年12月25日
10月14日(月)、11月4日(祝・月)は開館。10月15日、11月5日(火)は休館

アーティスト

手塚治虫武内直子CLAMP安野モヨコ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援