「エリック・カール 遊ぶための本」

PLAY!

poster for 「エリック・カール 遊ぶための本」
[画像: 『はらぺこあおむし』イラストレーション 1990年 Collection of Eric and Barbara Carle, Courtesy of The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Amherst, Massachusetts. (c) 1969, 1987 Eric Carle.]

114日後終了

「絵本の魔術師」と呼ばれ、日本でも人気の高い絵本作家エリック・カール。エリック・カールはユニークな仕かけがいっぱいの絵本づくりがとても得意で、世界的なベストセラー絵本『はらぺこあおむし』は、あおむしがリンゴをかじる場面のページには本当に穴がくりぬかれています。ほかにも主人公がページから飛び出したり、虫の音が聞こえたり、ピカッと光ったり。子どもたちはおもちゃのような絵本で遊びながら、生き物の営みや自然のリズムを学んだり、数や色の楽しさを体感することができます。PLAY! MUSEUMの開館記念展「エリック・カール 遊ぶための本」では、絵本をおもちゃに見立てるという、まったく新しい視点でエリック・カールの世界をご覧いただきます。カールの絵本を「くぐる」「きく」「うごかす」「みつける」など10の遊びかたに分けて紹介しながら、大きなオブジェや楽しい映像とともに、エリック・カールが描いた美しい絵本原画をたっぷり展示します。子どもにとってはもちろん楽しく、大人にとってもちょっぴり懐かしくて、新しい発見に満ちた展覧会です。
※本展は、エリック・カール絵本美術館(アメリカ・マサチューセッツ州)との共同企画で開催します。
※絵本原画は作品保全の観点から前期・後期で展示替えを行います

メディア

スケジュール

2020年06月10日 ~ 2021年03月28日

アーティスト

エリック・カール

入場料

一般 1500円、 大学生 1000円、 高校生 800円、中学生・小学生 500円、PARKはイベントにより異なる

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
展示替期間は休館、年末年始休館

アクセス

〒190-0014 東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
電話: 042-518-9625

多摩都市モノレール線立川北駅北口より徒歩6分、JR中央線・青梅線・南武線立川駅北口より徒歩10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

コンセプトは「絵と言葉」:美術館と親子の遊び場「PLAY!」がオープン

東京・立川駅北口にオープンに大人も子どもも楽しめる複合施設「PLAY!」がオープン

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援