倉嶌隆広 「モアレ・モーション・エモーション」

プリントギャラリー

poster for 倉嶌隆広 「モアレ・モーション・エモーション」

このイベントは終了しました。

*プリントギャラリー は、本展の会期を延長し4月12日(日曜)までとしておりましたが当面のところ休止致します。再開の場合には改めてお知らせ致します。

倉嶌隆広(1970–)は武蔵野美術大学でグラフィックデザインを学んだ後、東京の広告代理店でアートディレクターを務め、幅広くクライアントワークを手がています。自主的な企画や制作も数多く、その成果の一つがスイスの出版社 Lars Müllerより現在のところ3巻まで発行の視る詩集「Poemotion」です。読者が、印刷された抽象図形の上に付属のシートを重ね・動かすと、仮現的なモアレパターンが出現し動き出します。視る詩集とする所以は、作品に添えられた簡潔なタイトルが、動きの変化を一編の視覚詩として規定するからです。近年はファッションブランド、エルメスでのインスタレーションや冊子や、サンフランシスコの科学博物館Exploratoriumの書籍に作品を提供するなど活動の幅を広げています。本展ではPoemotionをテーマとして制作した過去の版画作品や、立体作品やポスター・書籍、本展に併せて制作された蓄光インキを使用した新作の版画作品などを展示します。

メディア

スケジュール

2020年03月14日 ~ 2020年04月12日
3月27日から4月3日は休館、休館日: 火曜日・水曜日・木曜日、営業時間: 月金祝15:00~20:00、土日13:30~20:00

アーティスト

倉嶌隆広

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援