ジョナス・ウッド「テニスコート・ドローイング」

MAKI

poster for ジョナス・ウッド「テニスコート・ドローイング」

1682日後終了

このたびMAKI(天王洲、テラダアートコンプレックス1階)は、MAKI Collectionの一角に、世界的に注目されているロサンゼルスのアーティスト、ジョナス・ウッド(Jonas Wood)の「テニスコート・ドローイングス」を常設展示(2025年まで)いたします。この作品はウッドが自身のスタジオでテニスの試合を見ていた際に、その構図に魅せられ描いた彼の代表的なシリーズで、テニスの4大大会(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープン)のテニスコートが描かれている他、ATPワールドツアー・ファイナルズ(ロンドン)、ムバダラ・ワールド・テニス選手権(アブダビ)、パリ・マスターズのそれぞれのコートまでもが描かれています。黒を背景とした一連の作品は静謐さを感じさせ、展示スペースにはまるで宮殿に歴代の王侯貴族の肖像画が並ぶように、24点の各コートの姿が立ち並びます。各作品はそれぞれのコートの特徴をよく捉え、テニスを知る者たちは見ただけでそれがどこかわかるのです。まるで、神話上の神々が、あるいはキリスト教の聖者が、彼らを指し示す持物(アトリビュート)とともに描かれるように。一方で、一部の作品にはウッドの他の作品が、まるでポップアップ画面が突如カットイン(挿入)してきたかのように描かれています。この作品は、東京で展示されたのち、MAKIのオーナーである牧夫妻により2025年にロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA、ロサンゼルス)に寄贈されることが決定しております。同美術館サイトでも、この寄贈については発表されており、この作品が作家の代表作になると締めくくっています。
※TABのシステム上、会期終了日を仮に表示しています。

[画像: Jonas Wood, Four Majors 4 (Australian Open 11, French Open 16, Wimbledon #13, US Open 15), 2018, 2018, 2016, 2018, from Tennis Court Drawings, 2016–18, (set of 24 works), Los Angeles County Museum of Art, promised gift of Mr. Masahiro Maki and Mrs. Yoshimi Maki, © Jonas Wood, courtesy Wood Kusaka Studios and Shane Campbell Gallery, photo: Evan Jenkins]

メディア

スケジュール

2020年09月05日 ~ 2025年09月05日
会期終了日未定

アーティスト

ジョナス・ウッド

ホームページ

https://www.makigallery.com/ja/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から18:00まで
金曜日は12:30から, 金曜日は20:00まで
月曜・日曜休館

アクセス

〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 1F
電話: 03-6810-4850 ファックス: 03-6810-4851

りんかい線天王洲アイル駅B出口より徒歩9分、東京モノレール天王洲アイル駅南口より徒歩10分、京急本線新馬場駅北口より徒歩9分、JR品川駅港南口より都営バス「天王洲橋」下車徒歩4分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use