「para・textile 本を編む──繁茂する外延」

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab 東京ギャラリー

poster for 「para・textile 本を編む──繁茂する外延」
[画像: Photo:© KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology]

13日後終了

※ 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展覧会「para・textile 本を編む──繁茂する外延」の会期を当面の間延期いたします。延期後の会期については、後日改めてお知らせいたします。ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、展覧会「para・textile 本を編む──繁茂する外延」の会期開始日を再延期いたします。4月15日(水)の開始を予定しておりますが、状況により変更となる場合がございます。今後の展覧会・イベントの開催については変更があり次第お知らせします。ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
※4月19日に予定していたギャラリートークについては、5月末〜6月での延期開催で調整中です。今後の変更状況については本ウェブページやSNSでの告知をご参照ください。

KYOTO Design Lab[D-lab]は、KYOTO Design Lab Library 4として発刊される書籍『キュラトリアル・ターン──アーティストの変貌、創ることの変容』に関連した展覧会「para・textile 本を編む──繁茂する外延」を開催いたします。

書籍『キュラトリアル・ターン』は、2017年7月15日にD-lab主催で実施した国際ラウンド・テーブル「批判力のあるキュレーション──アーティストによるその実践」(当日レポート)、および同日の映像インスタレーション+トーク・セッション「解釈行為としての想像──アーティストによるその実践」でのトーク内容がテクスト化され編まれました。

本展では、ゲストキュレーターに中野裕介氏(パラモデル)を迎え、書籍の編集作業により生まれたさまざまな「パラテクスト」を空間展示に展開し、キュレーションと制作のあらたな創造的転回を再検証します。

展示に合わせ、書籍の共編者の三木学氏とゲストキュレーターの中野裕介氏(パラモデル)に加えメディア論を専門とされる門林岳史氏をお迎えしたギャラリートーク「テクストの閾値と戯れる」も開催します。

メディア

スケジュール

2020年04月15日 ~ 2020年06月20日
日程が変更になりました

入場料

無料

アートスペースの開館時間

12:00から19:00まで
月曜・火曜休館

アクセス

〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 203号室
電話: 03-6803-2491

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩3分、東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分、JR秋葉原駅電気街口より徒歩11分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援