メリル・ワグナー 展

TARO NASU

poster for メリル・ワグナー 展
[画像: メリル・ワグナー Untitled, 1974 (c)Merrill Wagner, Courtesy of the artist]

このイベントは終了しました。

*新型コロナウィルス感染拡大並びに東京都からの外出自粛要請を受け、 TARO NASUは4月7日(火)から当面の間、休廊いたします。
*3月28日(土)は、新型コロナウィルスの影響および東京都による外出自粛要請をかんがみ、TARO NASUは終日休廊とさせていただきます。

メリル・ワグナーは1935年、アメリカ、シアトルに生まれる。NY在住。 50年代後半にNYに渡り制作活動を始めて以来、一貫してミニマリスティックな抽象的イメージを追求してきたワグナーは 近年あらためてその活動が注目されている作家である。ペインティングやドローイングだけでなく彫刻やインスターレーション、 本など多彩な領域を横断しながらミニマリスムのあり方を模索するその姿勢は、科学と詩情の融合とも評される。 ペインター、ロバート・ライマンの二度目の妻としてもしられる。 本展は60年代から70年代にかけてのペインティングを中心にドローイングもあわせ、約10点を展示する。

メディア

スケジュール

2020年03月13日 ~ 2020年04月11日
3月28日は休館、4月1日から開館時間 12:00〜16:00、土曜日・日曜日・月曜日・祝日は休館

アーティスト

メリル・ワグナー

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援