obキュレーション展「neo wassyoi」

Hidari Zingaro

poster for obキュレーション展「neo wassyoi」

このイベントは終了しました。

2010年頃にイラストSNS「pixiv」の登場を契機に新しいアートシーンが日本で芽生えました。
まるでお祭りのように次々と若手画家が現れ、ネットとギャラリーの双方を行き来して活動していました。仮想と現実の狭間を漂う自由な想像力はゆるやかに繋がり、私obはpixivで出会った作家達と「wassyoi」というキュレーション展を3度開催しました。
あれから10年が経ちました。デジタル技術が成熟した現代では描画技術の水準も高度となりましたが、あえて”絵画”を表現している画家はむしろ珍しい印象があります。軽やかなインターネット・コミュニケーションが大多数となった今、身体的な感覚表現はどのように考えられているのでしょうか。

先日開催したob個展「螺旋と春」では、コロナ禍が本格化して来場できない方のために毎日ライブペイントを配信しました。会期中に行ったイベントで若手作家さんとじっくり対話したことでイラストにも絵画にも偏っていない未分化な感性を探求したくなり、キュレーション展を開催する流れになりました。
しかし緊急事態宣言発令によって開催の時期は未定に。コロナ禍だからこそできることを模索するネット配信を21~25歳の10人の参加作家と毎日実施しました。他者と触れ合うことが憚れる風潮において、ネット上の対話で自己を更新していった作家は何を見出したのか。この展覧会はポストコロナ時代の経過発表であると同時に、イラストと絵画の中間領域の可能性を新しい未来に向けて「wassyoi」するものにしたいと思います。

メディア

スケジュール

2020年06月26日 ~ 2020年07月17日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援