「"江川式"擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景」

LIXIL ギャラリー 1 & 2

poster for 「"江川式"擬洋風建築 江川三郎八がつくった岡山・福島の風景」

このイベントは終了しました。

*2020年3月3日(火)から当面の間、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休館いたします。

※本展示は臨時休館の影響で会期を縮小して掲載しております。
元会期: 2020年3月16日(月)〜5月23日(土)

元堂宮大工の建築技師・江川三郎八が、明治から昭和にかけ福島と岡山で手がけた擬洋風建築の数々。公共から商業建築まで幅広く、両県に西洋の風をもたらしました。意匠やプロポーションに共通性が見られる江川の建築は「江川式」とも呼ばれます。本展は、神社を含む現存の9作品を中心とした“江川式”擬洋風建築を、撮り下ろし写真や古写真、また模型他実資料など約80点で紹介し、知る人ぞ知る江川式建築の存在に迫ります。

メディア

スケジュール

2020年04月02日 ~ 2020年05月23日

アーティスト

江川三郎八

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援