池田幸穂 「透明のつぼみが弾ける音」

ギャラリーモモ 両国

poster for 池田幸穂 「透明のつぼみが弾ける音」

このイベントは終了しました。

*新型コロナウィルスの影響による東京都からの自粛要請を受け、3/28(土)は臨時休廊とさせていただきます。

池田幸穂は日本庭園や動植物などの自然、或いは身近な人物などをモチーフに、時に独特な視点から捉えて描写し、中間色による優しく柔らかな色彩感は見る人を和ませ、不穏な状況でさえも心地よく癒される作品を展開しています。当初、池田は人物も風景も客観的な対象物として描いてきました。しかし社会の中に身を置き、震災後の東北の大地を踏みしめ、日々自然や社会に翻弄されながらつつましくも強く生きる人々と出会い、心を開くことで人との関係が繋がるのを実感し、自他を超えて痛みや弱さを共有し、作品を通して相互に励まし生きようとする意識を持って制作してきました。今展ではそうした姿勢や池田特有の色彩感をそのままに、日々継続して制作されたドローイング作品や平面作品に加え、大きいけれど、臆病で、不器用で、優柔不断と語る虎に、親近感を持ち、制作した虎の立体作品も展示いたします。また、その立体作品と共に、強さより弱さに視線を向け、それを受け入れて一歩進もうとする姿を描いたような大きな作品をキャンバスのまま展示し、一つの大きなインスタレーション作品の制作も試みています。

メディア

スケジュール

2020年02月29日 ~ 2020年03月27日

オープニングパーティー 2020年02月29日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

池田幸穂

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援