エリア: お台場、勝どき (rss)

並び順

  • 全リスト (7)
  • poster for 「アナグラのうた - 消えた博士と残された装置 - 」展

    「アナグラのうた - 消えた博士と残された装置 - 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[6]
    • 日本科学未来館にて
    • 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
    • メディア メディアアート ・ パフォーマンス

    「アナグラ」は、「空間情報科学」の研究が行われていた場所でした。人々の情報を共有し、そのつながりを人類の力にするための研究所です。このアナグラで、博士たちは、21世紀初頭の空間情報科学を参考に5つの重…詳細 »

  • poster for 「未来逆算思考」 展

    「未来逆算思考」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • 日本科学未来館にて
    • 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
    • メディア メディアアート

    50年後、あなたの子孫たちはどんな地球に暮らしているのでしょう?理想の未来から、私たちが今からできることを考えてみましょう。50年後に暮らす子孫たちに、どんな地球を贈ることができるのか、ゲーム形式でア…詳細 »

  • poster for 「D.I.Y.DEPT.」

    「D.I.Y.DEPT.」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • @ btfにて
    • 〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-19 近富ビル3階・3A / 4階・4A・4B
    • メディア プロダクト

    カスタムペインターの倉科昌高氏と造形ユニットGELCHOPが、ホームセンターで売っている物を駆使して“Do It Yourself”(自分自身で作ろう)=「D.I.Y.」精神でカスタマイズしていく作品…詳細 »

  • poster for 「メディアラボ第 17 期展示 数理の国の錯視研究所」

    「メディアラボ第 17 期展示 数理の国の錯視研究所」

    ブックマークする[4] 
    オススメする[0]
    • 日本科学未来館にて
    • 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
    • メディア グラフィックデザイン ・ 彫刻・立体 ・ プロダクト
    • 50日後終了

    見えるはずのない模様が見える、あるはずの物が消える――。メディアラボ第17期展示「数理の国の錯視研究所」では、こうした不条理で奇妙な錯視の世界を、数学を使って解明しようとしている研究者、新井仁之氏と杉…詳細 »

  • poster for 「アンドロイド - 人間って、なんだ? -」常設展

    「アンドロイド - 人間って、なんだ? -」常設展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • 日本科学未来館にて
    • 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
    • メディア メディアアート

    お披露目するのは、新規に開発された子供型アンドロイド「コドモロイド®」と成人女性型のアンドロイド「オトナロイド®」、そして人間の特徴を極限までそぎ落としてデザインされたアンドロイド「テレノイド®」の3…詳細 »

  • poster for 「LA Graffiti Art Legend Shepard Fairey」展

    「LA Graffiti Art Legend Shepard Fairey」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • Gallery 21 (ギャラリー・ヴァンテアン)にて
    • 〒135-8701 東京都港区台場2-6-1 ホテル グランパシフィック LE DAIBA 3F
    • メディア グラフィックデザイン ・ イラスト
    • 14日後終了

    2015、2016年ワールドグラフィティアート展を開催し、毎年恒例イベントとして確立を目指しており、2017年は更なるグラフィティアートの認知向上を目指し、3連続のグラフティアート展を開催致します。 …詳細 »

  • poster for 石塚元太良 「Demarcation」

    石塚元太良 「Demarcation」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • gallery916にて
    • 〒105-0022 東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル 6F
    • メディア 写真
    • 本日終了

    世界を旅しつづけてきた石塚元太良は思いがけなくパイプラインに出会い、それを追いかけることで写真家としての背骨を作ってきた。 大平原のなかをメタリックな光沢で貫いていく、パイプライン。広大な自然のなかの…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use