エリア: 世田谷、川崎 (rss)

並び順

  • 全リスト (13)
  • poster for 中村哲也 「Drawings and so on」

    中村哲也 「Drawings and so on」

    ブックマークする[1] 
    オススメする[0]
    • SUNDAYにて
    • 〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-7-12
    • メディア ドローイング ・ 写真 ・ 彫刻・立体
    • 11日後終了

    SUNDAY店内にて、ドローイングや立体作品の写真プリントなどを展示いたします。立体作品を作る過程で描かれるドローイングは作家の頭の中のイメージを具体的にした第一段階に描かれる設計図的なものです。本来…詳細 »

  • poster for ミロコマチコ「いきものたちの音がきこえる」

    ミロコマチコ「いきものたちの音がきこえる」

    ブックマークする[1] 
    オススメする[0]
    • 世田谷文学館にて
    • 〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10
    • メディア 絵画 ・ ワークショップ
    • 46日後終了

    絵本作家としてのデビュー作『オオカミがとぶひ』(2012年)が、日本絵本賞の大賞に輝いたミロコマチコ。その類いまれな色彩感覚と独自の造形表現、豊かな言語感覚によって生み出される作品は、国内外の名だたる…詳細 »

  • poster for ボストン美術館「パリジェンヌ展」時代を映す女性たち

    ボストン美術館「パリジェンヌ展」時代を映す女性たち

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 世田谷美術館にて
    • 〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 写真 ・ プロダクト ・ ファッション ・ 工芸 ・ 陶芸 ・ ワークショップ ・ トーク
    • 39日後終了

    パリという魅力あふれる都市に生きる女性、パリジェンヌ。サロンを仕切る知的な女主人、子を慈しむ美しい母、流行を生み出すファッショニスタ、画家のミューズ、そして自ら道を切り開き才能を開花させた画家や女優-…詳細 »

  • poster for 黒田寛 + 鈴木隆 「ブルーラインと赤」

    黒田寛 + 鈴木隆 「ブルーラインと赤」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • Gallery21yo-jにて
    • 〒158-0082 東京都世田谷区等々力6-24-11
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 11日後終了

    赤のモノクローム旧作と亡き黒田寛氏のブルーライン全作によるという私にとってはこのうえない展示空間が実現することになりました。現在の赤と青の色彩対比、その青の在り方を黒田氏の作品に委ねます。過去にわずか…詳細 »

  • poster for MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE1958

    MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE1958

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 川崎市市民ミュージアムにて
    • 〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2(等々力緑地内)
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ マンガ ・ 映像・映画 ・ メディアアート
    • 32日後終了

    マイブーム」「ゆるキャラ」などの命名者であり、現在の「仏像ブーム」を牽引してきたみうらじゅんは、2018年2月1日で還暦を迎えます。本展では、みうらじゅんの生誕60年を記念し、「MJ’s FES みう…詳細 »

  • poster for 市川孝典 「slip out」

    市川孝典 「slip out」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • QUIET NOISE arts and breakにて
    • 〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-45-2 1F
    • メディア 絵画 ・ パーティー ・ トーク
    • 11日後終了

    記憶と時間をテーマに制作を続けています。 前回の展示では、時間の経過と記憶のずれを作品を切りはなすことで、ずれの中に揺らぐ感情を表現しました。今回の新作では、SNS上の時間のずれを利用して、少しのず…詳細 »

  • poster for 「みっける365日展 - アーティストと探す『人生の1%』」

    「みっける365日展 - アーティストと探す『人生の1%』」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 世田谷文化生活情報センター生活工房にて
    • 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー
    • メディア 写真
    • あと3日で開始

    撮って、繋いだ、だれかの1年。365日の写真を撮りためて、なにかを「みっける」ワークショップの成果発表展。それはだれかの「人生80年における1%」を、世界にシェアする現場でもあります。 今回4組のサ…詳細 »

  • 「敏子さん、岡本太郎のこと教えて。」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 川崎市岡本太郎美術館にて
    • 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 写真
    • 53日後終了

    岡本太郎の秘書・岡本敏子(旧姓平野)は、1948年に太郎に出会い、その後、公私にわたるパートナーとして、また活動を支える存在として活躍しました。太郎の没後、敏子の尽力によりメキシコで発見された「明日の…詳細 »

  • poster for 「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

    「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 川崎市岡本太郎美術館にて
    • 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ インスタレーション ・ 公募展
    • 53日後終了

    時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。1996年…詳細 »

  • poster for 長嶋りかこ 「産び(むすび)」

    長嶋りかこ 「産び(むすび)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • clinicにて
    • 〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18
    • メディア インスタレーション ・ パーティー
    • 4日後終了

    本展では、2017年にアニッシュカプーアの展示のアートディレクションの機会を通じカプーアへのオマージュとして制作したインスタレーション《Human Nature》を、旧診療所跡の展示環境に寄り添わせ、…詳細 »

  • poster for テオドル・ウシェフ 「『リプセットの日記』原画展」

    テオドル・ウシェフ 「『リプセットの日記』原画展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • Au Praxinoscope(オープラクシノスコープ)にて
    • 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-13-11 B1F
    • メディア イラスト ・ ドローイング ・ アニメーション
    • 52日後終了

    アカデミー賞ノミネート、ジニー賞などさまざまな賞を受賞し世界で活躍するブルガリア出身の監督テオドル・ウシェフの原画展を開催いたします。ドローイングアニメーション『リプセットの日記』は、49歳で自らの命…詳細 »

  • 中村哲也 「NEW・BALANCE - 仕組まれたイメージ - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • CAPSULEにて
    • 〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-7-12
    • メディア 彫刻・立体
    • 25日後終了

    中村哲也は1968年千葉県生まれ。「スピード」と「改造」という現代社会を象徴するテーマをとりあげたジェット機のような彫刻作品「レプリカシリーズ」を展開し様々なジャンルに発表。同時に形状の持つ固有のメッ…詳細 »

  • poster for 宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」展

    宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館にて
    • 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-38-13
    • メディア ドローイング
    • 25日後終了

    宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」は、2011年に石川県小松市が創設した、デッサンを対象とした、隔年開催のコンクールです。 小松市は、画家・宮本三郎の生誕地であり、市内松崎町には宮本三郎…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use