2006年はアジア3都市のビエンナーレの年

今年は夏休みは少し晩めにとってみてはいかがですか?3つものビエンナーレがアジアの3つの街、上海、シンガポール、光州で行われるんです。しかも、どれもが、9月の初旬から11月の中旬までと同じ時期にあるんです。

In Uncategorized by Kosuke Fujitaka 2006-04-28

4月21日に、3ビエンナーレのディレクターによって、日本での共同記者会見がA.I.T.の協力のもと、国際交流基金にて行われました。詳細はまだまだこれからですが、3つの違う街のビエンナーレが協力して、PRし、世の中の注目を集める試みはとても面白いですね。まだまだアートそのものの存在はどの街でもとっても小さなものです。その小さなものどうしで争うよりも、まずアート全体を社会の中でプロモートしていくために、協力体制をとっていくのはとってもスマートではないでしょうか?シンガポールビエンナーレ 9月4日から11月12日まで
上海ビエンナーレ 9月5日から11月5日まで
光州ビエンナーレ 9月8日から11月11日まで

Kosuke Fujitaka

Kosuke Fujitaka. 1978年大阪生まれ。東京大学経済学部卒業。3年間ソニーエリクソン経営管理部、マーケティング部にてexcelとpower point勤務。2004年にTokyo Art Beatをポール、オリビエと共同設立。現在、10年ほど前に人生の重要ないくつかの要素と出会ったNYに帰って、NY Art Beatをスタート。 毎年4月に東京で行われる国際若手アートフェアー101 TOKYOの共同設立者でもある。IT、ワイン、そしてビールに梃入れされることによって、”アート”は世界をよりよい場所にすることができると思っている。 現在NYにてテーラーメードアートガイドも行っている。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use