田中七星 Drawing Exhibition

昨年ロンドンのロイヤルカレッジオブアートを卒業した田中七星の帰国後初の個展が銀座Space Kobo & Tomoで開催中である。展示作品はロイヤルカレッジ時代のドローイングとスケッチブック、今回東京で新たに書き下ろしたドローイングとで構成されている。

poster for Nahoshi Tanaka Exhibition

田中七星 展

銀座、丸の内エリアにある
巷房 (2)にて
このイベントは終了しました。 - (2006-04-24 - 2006-05-06)

In レビュー by Chihiro Murakami 2006-04-25

 彼の作品はインプロヴィゼーションのような、瞬発的な感覚の刺激によってうまれるかたちや色を追求していながら、決してドロ臭くなく、むしろおだやかな優しさやしっとりした深さを感じさせられるところが私は心地よいと思う。本人はグラフィックデザイナーとしての経験から残る「意識」の価値と、作家として感じる「無意識」の価値の間で自身をさらけだすことにまだまだ葛藤があるというが、個人的にはその葛藤をずーっと持ち続けていただいて、そこから生まれる新しい発見から、もっともっと作品を進化させていってほしい、と思う。

これまでやってきたこと、そしてこれからやろうとしていること、というまさに「今」をテーマとしたこの展覧会は、田中七星にとって、新スタートのためのプレゼンテーションとみることができるだろう。

彼の作品はこれからどんな成長をとげ、どんな場所で行きていくのだろう?商業空間?雑誌の中?コマーシャル?私はデザイナーなのでつい、どんなコミュニケーションの可能性があるか考えてしまう。そう、彼の作品はこんなふうに人をインスパイアするような作品なのだ。

新しい空気を感じたり、創作のインスピレーションを刺激したい人に是非お勧めしたい展覧会である。

Chihiro Murakami

Chihiro Murakami. Visual Communication Designer 武蔵野美術大学卒業後、GKグラフィックス、日本デザインセンターを経て2002年渡英。ロンドン大学Goldsmithsでディプロマ、University of the Arts, Central Saint MartinsでMAを取得。2006年Birds Designを設立。グラフィックデザイナーとしてのキャリアとコミュニケーション力を生かし、国内外のクリエイターとの共同プロジェクトに参加する他、デザイナーならではの視点を切り口とした執筆活動、デザイン企画などを行っている。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use