ジャウメ・プレンサ展からTokyo Art Beatへの寄付!

6月1日(金) より月島のタマダプロジェクト ミュージアムにて開催されているジャウメ・プレンサ展の入場収益の一部をTokyo Art Beatへ寄付していただくことになりました。

poster for Jaume Plensa

ジャウメ・プレンサ 「サイレント・ヴォイス」

銀座、丸の内エリアにある
タマダプロジェクト ミュージアムにて
このイベントは終了しました。 - (2007-06-01 - 2007-07-21)

In TABからのお知らせ by Kosuke Fujitaka 2007-06-04

6月1日(金) より月島のタマダプロジェクト ミュージアムにて開催されているジャウメ・プレンサ展の入場収益の一部をTokyo Art Beatへご寄付いただきます。

この展覧会を開催されているタマダプロジェクト ミュージアムの玉田氏の「寄付」という考え方そのものを日本の社会にも広く紹介し、広めたいという思いがきっかけで、NPO法人にて運営されているTABの活動をご理解いただき、このような形で寄付いただくことになりました。

感謝の意を込めて、ここにご報告させていただきます。

また、その他にも、以前よりこちらの皆様からもTABにご寄付をいただいております。
ありがとうございます。

Kosuke Fujitaka

Kosuke Fujitaka. 1978年大阪生まれ。東京大学経済学部卒業。3年間ソニーエリクソン経営管理部、マーケティング部にてexcelとpower point勤務。2004年にTokyo Art Beatをポール、オリビエと共同設立。現在、10年ほど前に人生の重要ないくつかの要素と出会ったNYに帰って、NY Art Beatをスタート。 毎年4月に東京で行われる国際若手アートフェアー101 TOKYOの共同設立者でもある。IT、ワイン、そしてビールに梃入れされることによって、”アート”は世界をよりよい場所にすることができると思っている。 現在NYにてテーラーメードアートガイドも行っている。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use