「ゴス」展 オープニング

横浜美術館にて、現代美術におけるゴス/ゴシックを紹介する展覧会がオープニングを迎えました

poster for

「ゴス」展

横浜、神奈川エリアにある
横浜美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2007-12-22 - 2008-03-26)

poster for Yusuke Asai

浅井裕介 「根っこのカクレンボ」

横浜、神奈川エリアにある
横浜美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2007-08-17 - 2007-12-25)

poster for Shingo Wakagi

若木信吾 「葬送」

横浜、神奈川エリアにある
横浜美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2007-12-08 - 2007-12-24)

In フォトレポート by Makoto Hashimoto 2007-12-24

横浜美術館の企画展オープニングは、一般公開日と同時に行われます。<br /> 第一展示室:リッキー・スワローの作品群

Dr.ラクラのオブジェ作品

束芋のインスタレーション作品

吉永マサユキの写真作品

ピューぴるの写真作品

オープニングセレモニーの様子

左から吉永マサユキ、ピューぴる、イングリッド・ムワンギ・ロバート・ヒュッター、束芋、Dr.ラクラ、リッキー・スワロー

館内の各所では、浅井裕介 「根っこのカクレンボ」

アートギャラリーでは若木信吾「葬送」も開催中(本日まで)

Makoto Hashimoto

Makoto Hashimoto. 1981年東京都生まれ。横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程卒業。 ギャラリー勤務を経て、2005年よりフリーのアートプロデューサーとして活動をはじめる。2009〜2012年、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)にて「東京アートポイント計画」の立ち上げを担当。都内のまちなかを舞台にした官民恊働型文化事業の推進や、アートプロジェクトの担い手育成に努める。 2012年より再びフリーのアートプロデューサーとして、様々なプロジェクトのプロデュースや企画制作、ツール(ウェブサイト、印刷物等)のディレクションを手がけている。「Tokyo Art Research Lab」事務局長/コーディネーター。 主な企画に都市との対話(BankART Studio NYK/2007)、The House「気配の部屋」(日本ホームズ住宅展示場/2008)、KOTOBUKIクリエイティブアクション(横浜・寿町エリア/2008~)など。 共著に「キュレーターになる!」(フィルムアート/2009)、「アートプラットフォーム」(美学出版/2010)、「これからのアートマネジメント」(フィルムアート/2011)など。 TABやポータルサイト 「REALTOKYO」「ARTiT」、雑誌「BT/美術手帖」「美術の窓」などでの執筆経験もあり。 展覧会のお知らせや業務依頼はhashimon0413[AT]gmail.comまでお気軽にどうぞ。 [ブログ] ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use