mori yu gallery TOKYO オープン&神楽坂事情

mori yu gallery が京都より神楽坂に出店、Yuka Sasahara Gallery、アトランティコギャラリーがリニューアルオープンしました

poster for

「青の庭」展

千代田エリアにある
MORI YU GALLERY TOKYOにて
このイベントは終了しました。 - (2008-02-02 - 2008-03-01)

poster for

「ギャラリーアーティスト グループ展」

京橋、日本橋エリアにある
ユカ ササハラギャラリーにて
このイベントは終了しました。 - (2008-02-02 - 2008-03-08)

poster for Ayako Kawano “Let’s Meet Again in the Strawberry Field”

河野紋子 「いちご畑でまた会おう」

渋谷エリアにある
アトランティコ ギャラリー SHIBUYAにて
このイベントは終了しました。 - (2008-02-16 - 2008-03-15)

In フォトレポート by Makoto Hashimoto 2008-02-23

少し遅くなりましたが、神楽坂にオープンしたmori yu gallery TOKYOのオープニングの様子と、神楽坂のギャラリー情報をお伝えします。

先日のフォトレポートでもお伝えした通り、神楽坂にあった児玉画廊と山本現代が白金高輪に移転、高橋コレクションも2つめのスペースを開設しました。

その児玉画廊があったスペースに移転してきたのがmori yu gallery TOKYO。2001年より京都で営業しているギャラリーの東京店となります。

mori yu gallery TOKYOオープニングの様子 所属アーティストによるグループショウです

プラレールを素材に用いたインスタレーションなどで知られるパラモデルの作品

作品を前に編集者の小崎哲哉さんと話し込むディレクターの森裕一さん

小沢さかえの作品に見入る男性

入り口にはショウのタイトル「青い庭」を意識した作品が お花もたくさん届いています

山本現代が入居していたスペースには、隣のビルからYuka Sasahara Galleryが移転してきました。
少し広くなった展示スペース リニューアルオープニングということで、こちらもグループショウが行われています

雨宮庸介さんの作品

高橋コレクションは、引き続き同じビルにて営業(土曜日のみオープン)。こちらは常設、白金は企画で展開とのことです。山口晃、西尾康之、小谷元彦らの作品を展示中。

高橋コレクション

上記3ギャラリーの入居するビルのすぐそばにあるアトランティコギャラリーも、運営体制を変えてリニューアルオープン。河野紋子展を開催中です。

アトランティコギャラリー 河野紋子展の様子

Makoto Hashimoto

Makoto Hashimoto. 1981年東京都生まれ。横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程卒業。 ギャラリー勤務を経て、2005年よりフリーのアートプロデューサーとして活動をはじめる。2009〜2012年、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)にて「東京アートポイント計画」の立ち上げを担当。都内のまちなかを舞台にした官民恊働型文化事業の推進や、アートプロジェクトの担い手育成に努める。 2012年より再びフリーのアートプロデューサーとして、様々なプロジェクトのプロデュースや企画制作、ツール(ウェブサイト、印刷物等)のディレクションを手がけている。「Tokyo Art Research Lab」事務局長/コーディネーター。 主な企画に都市との対話(BankART Studio NYK/2007)、The House「気配の部屋」(日本ホームズ住宅展示場/2008)、KOTOBUKIクリエイティブアクション(横浜・寿町エリア/2008~)など。 共著に「キュレーターになる!」(フィルムアート/2009)、「アートプラットフォーム」(美学出版/2010)、「これからのアートマネジメント」(フィルムアート/2011)など。 TABやポータルサイト 「REALTOKYO」「ARTiT」、雑誌「BT/美術手帖」「美術の窓」などでの執筆経験もあり。 展覧会のお知らせや業務依頼はhashimon0413[AT]gmail.comまでお気軽にどうぞ。 [ブログ] ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use